運用とは?

不動産の売却を検討しているお客さまの全てが、本当に売却によってメリットを受けることができるのでしょうか?

不動産売却には、さまざまなメリットもありますが、ライフプランや不動産の状況によって、デメリットにつながる場合もあります。
そういったときは、不動産を賃貸に出すということも視野に入れて、不動産という資産の活用を行う必要があります。

■ どういったときに賃貸を考えるのか?

もし、転勤などの理由で、一時的に住まいを離れるという事情を持っている人がいるならば、一定期間の後に、元の住まいに戻ってくるケースがたくさんあります。 そういった際には、今すぐに売却をしてしまうのではなく、転勤の期間、不動産を賃貸に出して、賃貸収入を得るという運用の仕方があります。

■ 売却のメリットとは?

とは言え、不動産の売却にメリットがないというわけではありません。 近い将来、価格の下落が予想される場合などには、今すぐ不動産の売却を行うことで、価値が高いうちに、現金化させられるというメリットがあります。

不動産会社に相談する場合は、売却・賃貸W査定というサービスがありますので、現在の状況や将来のライフプランなどを詳細に伝えながら、自分に合ったメリットの受け方をしっかりと相談してください。

オンライン上から申し込める無料の不動産査定によって、売却か賃貸かの相談も行えますので、ぜひ不動産査定を依頼しながら、自分に合った不動産運用のメリットを相談してみてください。